ハイヤーを使うとどんなメリットがあるのか

自家用車や公共の乗り物以外に、タクシーを使う場面もあるでしょう。一方これまで一度もハイヤーを使った経験がないという人は多いです。実はハイヤーの人気が少しずつ高まっているのをご存知でしょうか。ハイヤーはVIPが乗るものと思い込んでいるのだとしたら、それは少々もったいない話かもしれません。

メリットは、色々とあります。車の予約を入れるのと一緒に、前回利用した時と同じ運転手を指名したい場合でも対応してくれます。予約を入れることで、こちらが指定した時間に利用できるので、予定が立てやすい面もメリットのひとつでしょう。いつどのタイミングで車が来るのか分からない、という不安が一切ありません。しかも、ドライバーは教育が徹底しているので、例え道が混んでいたとしても、別ルートをすばやく見つけ出してスムーズに目的地に着くことも可能です。実践で実際に走ってみて、この道が混んでいるときは別のこのルートが抜け道になる、などと周辺の道路状況を熟知しています。また、運転手として運転レベルが高いのはもちろんのこと、接客マナーも行き届いています。言葉遣いは丁寧ですし、乗客が車から降りるときのドアを開け閉めするときの所作もレベルの高さが伺えます。

展開しているサービスの一環として、専属契約が可能です。専属契約とは、その企業がハイヤー会社と契約するという意味です。通常、大企業となると役員たちや取引先の重役などを送迎するための運転手を雇うところが多いです。会社の一社員として雇うわけですが、経費を考えたとき、実はハイヤーを専属契約したほうが経費の削減ができるのです。ハイヤーを使う場面は限られていますので、その場面だけハイヤーを使うことで会社はドライバーを雇う必要がなくなります。その上ドライバーは徹底的な教育が行き届いているので、プロの運転手による移動が可能となります。運転技術も磨かれているので安心して移動が可能です。

このように、仕事の上でかなりメリットのあるサービスですが、日常的に使えるのもメリットのひとつです。例えば、旅行先でハイヤーを使ったとします。本来ならお土産や着替えなどを持ち歩いて大変な思いをするところ、ハイヤーを使えば運転手付きの車で移動ができるので、荷物を持ち歩く必要がありません。身軽な状態で旅行を楽しむことができます。初めて訪れた場所で、大きな荷物を持ったまま道を右往左往することもなく、旅行に集中して楽しめます。